幼稚園勤務の看護師とは

看護師を常駐させている幼稚園が昨今増えてきました。インフルエンザなどの流感が生まれやすい幼稚園では担当の先生だけでは園児たちの健康をフォローすることは難しいです。そのために幼稚園で働く看護師は、日常に必要とされる保健指導や、衛生管理、急な病気や怪我などに対します。

元々病気を持っている園児やアレルギーを持っている園児なども多いため、お家の方や先生、お医者様たちとチームを組み対策を練ります。健やかな毎日を送るためのサポートも、幼稚園勤務の看護師の仕事なのです。

看護師免許を持っている人だけではなく保健師免許を取得している人にも、求人をかける幼稚園も存在します。保健師国家資格保持者の人は、活躍の場が広がりそうです。基本的に幼稚園勤務の看護師は、一般的な医療施設で働くよりも大変だと言われていますが、子供と接する事が好きな看護師にとっては働き甲斐のある職場でしょう。

メインの仕事は上記でも触れましたが、園児たちが日常を元気に過ごせるためのサポートです。対象が子供なために、子供と触れ合う事が好きな看護師さんにオススメな職場です。ただし一般的に、ひとつの幼稚園で一人の看護師しか求人しないケースは多いです。

一人で全部の仕事をカバーすることを求められるケースも少なくありません。大勢の子供たちを始め、お家の方や先生たち、お医者様とコミュニケーションを取ることも必要になりますので、洞察力や協調性なども必要となってくるでしょう。

看護師が一人で幼稚園にて働く場合は、子供たちの健康状態の確認や、怪我や突発性の病気などの応急処置をたった一人で行うことになります。病気が悪化する可能性を感じたり、病院に連れて行く必要を感じた場合は、どのように対処するか判断を行う必要もでてくるため、小さな子供の命を預かっているという覚悟も必要です。

健康診断や歯科検診の日にはお医者様のサポートをする必要がありますし、「保健便り」のようなプリントを作る仕事もあると思います。

たくさんの子供たちがひとつの場所に集まっている幼稚園では、インフルエンザなどの流感や感染症が問題となっています。免疫力の低い子供は流行性疾患に掛かりやすいため、大人たちよりも注意しなければならないのです。

先生たちでは補えない看護の知識を、看護師の指導によってフォローしていくのも幼稚園勤務の看護師の仕事と言えるでしょう。インフルエンザやノロなどが流行るのを防ぐために、子供たちへの指導とともに、お家の人たちへの予防方法をアドバイスして行きます。

怪我などは僅かなものの場合は応急処置で終わりにする事が出来ますが、万が一大怪我に見舞われた場合は病院に連れて行くまでの処置をする必要があります。看護の経験と技術を活用して、子供たちを守ってあげて下さい。