クリニックで働く看護師

クリニックというの19床よりも少ない医療施設、および入院患者を受け入れていない医療施設を指します。地域に根付いたクリニックは多いです。専門の科のみに特化し、お医者様や歯医者さんなどが診察や治療をしている形が一般的でしょう。

通常の病院との大きな差は、ほとんどのクリニックでは入院患者を受け入れていないことです。19床しかないため、入院患者を受け入れている病院でもたくさんの患者さんを受け入れることは不可能と言えます。ですからクリニックで働く看護師さんは夜勤をする事が極端に少ないです。

そして通常の病院と比較すると施設の大きさも大きくないために、受け付ける事の出来る患者数もどうしても少なくなってしまいます。比例して看護師の数も多くないため、少数精鋭の看護師さんたちが働いているようです。

仕事量としては一般的な病院よりは多くはありませんが、必要な能力や業務内容の範囲は広いいため、患者さんとのコミュニケーションを取る力や、医療の深い知識も必須ですし、注射や点滴、検査などもすべて一人で行う能力を求められます。

夜勤を避けたい看護師が勤めるだけではなく、自分の能力の底上げをしたいと希望する看護師が転職してくるというのも、クリニックの特徴です。専門の科目に限定されていることの多いクリニックは、看護師のキャリアや知識を活用して、患者さんからの不安を解消してあげたり、アドバイスを行うことも少なくありません。

患者さんとの密なやり取りでは、コミュニケーション能力も大切になってくるでしょう。人間関係も一般的な病院とは少し違いがあります。お医者様も看護師仲間も少ないため、人間関係がどうしても狭くなりがちです。万が一お医者様と上手くいかない場合は勤務し辛くなり、辞めてしまう看護師も多いと聞きます。

地域に根付いた評価が高く専門性の高いクリニックは、、開業医が他にも何人かお医者様の求人を行うこともあります。ただし経営方針、治療方針などは開業医の考えが反映されますので、クリニックを開業したお医者様の色が強くなるようです。

高い専門性を持ったクリニックには、美容外科や透析、産婦人科などが挙げられます。働いている看護師さんたちも高いスキルを持っていることは少なくありません。反対に考えると、クリニックを職場とする事で、看護師としての能力をアップすることもできるということです。そのため意識の高い多くの看護師さんたちが、クリニックへの転職を考えています。